story.

浅草寺の北に位置する浅草花街。


昼は静かに息をひそめ、

夜になると違った顔を覗かせる。


提灯の灯りがともり、暖簾がかかり、芸者やお客が行き交い、料理の匂いが漂い、太鼓やお囃子の音が広がる。

20200930-JGJ00001.jpg

そんな花街を舞台に描く、

一人の芸者と彼女を取り囲む人々の物語。

芸者とは、伝統的な価値観が重んじられる世界に生きる、芸の道を極める者。
恋や愛にうつつを抜かしてはならない。

 

20200930-JGJ00121.jpg

しかしある日、

芸者は人力車の男に出会い、

恋に落ちる。

20200930-JGJ00296.jpg

芸に生きる道、恋に生きる道。


それぞれの道の先にある、幸せを思い描きながらも、
芸者という伝統の重圧に悩み葛藤し、精神的に追い詰められていく。

20200930-JGJ00172.jpg

やがて、それぞれの道に没頭するあまり、芸者は混乱に陥り、
現実世界と精神世界の狭間をさまよい、

心の闇に支配されていく。

20200930-JGJ00208.jpg

自分なりの幸せを追い求めた末に、

芸者が歩む道はどこへ向かうのか。

20200930-JGJ00105.jpg
20200306-JGJ05014 (3).jpg

続きは

浅草観音裏でお会いましょう。